同時死亡の推定

同時死亡の推定とは、同時に亡くなった人の死亡の前後が不明である場合に、同時に死亡したものと推定する制度をいいます。 同時死亡の推定が働く場合には、一方の死亡時(相続開始時)にすでに他方も死亡していたと扱われるため、両当事者間では相続は発生しません。 推定ですので、死亡の時期の前後を立証できれば、立証した順番での死亡と取り扱われます。

初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

予約フォームでの相談

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

資料ダウンロード