定期贈与

定期贈与とは、一定期間の間、定期的に一定の金額を贈与することをいいます。 100万円を10年間にわたって毎年贈与すると約束してその贈与を受けていた場合、実質的には1,000万円の贈与を約束して毎年分割で100万円が支払われていたと評価される可能性があります。 このように評価されると、その贈与は定期贈与と判断されます。 贈与税には1年間で110万円の基礎控除がありますが、上記のケースで定期贈与と判断されると、贈与税を回避しようとしたものとして、1,000万円に贈与税の課税がされることになります。

初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

予約フォームでの相談

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

資料ダウンロード