再代襲相続

再代襲とは、代襲相続をしている人からさらに代襲相続することをいいます。 相続人が被相続人が亡くなっているなどで相続人になることができない場合、その子などが受け継ぐことを代襲相続といいます。 その子も亡くなっているような場合にはさらにその子が相続するのですが、再代襲相続は、代襲者の直系卑属には認められていますが、兄弟姉妹については再代襲相続は認められていません。

初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

予約フォームでの相談

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

資料ダウンロード