例えば、旦那様が家族の生活費または子どもの学費・教育費として金銭を渡した際は、生活するうえで必要不可欠と認められるため贈与税はかかりません。しかし、生活費以外での金銭の受け渡しや不動産の贈与が行われた場合には贈与税がかかります。 また、夫婦間には特例があり、婚姻期間20年以上の夫婦の間で居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合において、基礎空所の110万円に加え、最高2,000万円まで配偶者控除を利用することができます。 気になる方はこちらもご参照ください。 参照:「国税庁:No.4452 夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4452.htm

こちらも合わせてご覧ください【遺産相続の弁護士監修コラム】

初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

この質問に関連する質問

所有している土地にアパートを建てたほうが相続税が少なくなる理由は,借地権という負担付の土地になるためです。例えば土地を更…

相続税に関する当事務所の弁護士監修コラム

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

一般社団法人 相続診断協会
資料ダウンロード