被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

こちらも合わせてご覧ください【遺産相続の弁護士監修コラム】

初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

この質問に関連する質問

結論からしますと、生前での相続放棄はできません。 ですが、以下によってお子さんの負担を軽減することが可能です。 ①生前に…
基本的には相続放棄がいいでしょう。相続したい財産がある場合や資産と負債が明らかではない場合には、プラスの財産の範囲で負債…
例外的に、相続放棄が認められる可能性があります。早急に弁護士に相談してみましょう。
限定承認の手続を取れる可能性があります。手続きが難しく、期間制限などもありますので、早急に弁護士に相談してみましょう。
生命保険金は死亡した人の財産ではなく、受取人の財産であるため、相続放棄をしても死亡保険を受け取ることが可能です。
相続放棄の申述は一度しかできないため却下された場合は再度の申述ができません。
財産を少しでも使用した場合、相続放棄の効力が失われます。
家庭裁判所に申請する方法によって照会することができます。
相続放棄終了後、家庭裁判所から債権者等には通知されませんので自らから伝える必要があります。

相続放棄・限定承認に関する当事務所の弁護士監修コラム

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

一般社団法人 相続診断協会
資料ダウンロード