現在、成年後見制度では浪費者または身体障碍者は対象外となります。身体障碍者も対象として規定されていましたが、差別など取引上で不利になるとして削除されました。
初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

予約フォームでの相談

この質問に関連する質問

後見人は、依頼者本人が死亡したら終了します。 そのため、一度後見人に選任されると、勝手に辞めることができず、辞めるために…
まずは、医師に診断書を作成してもらう必要があります。精神科医でなければいけないなどの決まりまありませんので、本人のことを…
本人の精神状態の鑑定費用、財産の取扱金額などによって変動いたしますが相場は1,000万円~5,000万円以下の場合、月額…
以前は家庭裁判所では収支状況報告書の提出を求めていませんでしたが、社会的に問題となっている成年後見人による不正をなくすた…
後見制度の支援を受ける方の財産から、日常生活で必要不可欠な分の金銭を預貯金として後見人が管理し、通常使用しない分の財産を…
鑑定は半数程度が1ヶ月以内、その他のほとんどが2ヶ月以内には終了するというデータがあります。鑑定費用に関しましては、6割…
成年後見の申し立ては誰でもできるわけではありません。本人・配偶者・4親等内の親族・未成年後見人・未成年後見監督人・保佐人…
精神疾患を持つご本人様は申立てできないという決まりはありませんが、準備する資料が多いため、ご本人様に負担がかかってしまう…

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容