祭祀継承者の決め方は主に3つになります。 ①被相続人から指名があった場合 ➁被相続人の指定がない場合は、慣習で決まる ※相続人全員の同意で決めることもできる ③家庭裁判所に祭祀継承者決定のための調停を申し立てる
初回相談
無料

法律問題について相談をする

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700

予約フォームでの相談

この質問に関連する質問

行方不明の場合であっても生存している以上、相続権は失われません。 手続きを進めるためには「相続人の確認・住所の確認」「不…
相続権のない人への遺産相続は遺言書によって可能です。 自筆証書遺言の場合、内容に不備がある場合、内容が無効になってしまい…
初回面談の際に相続人や財産の範囲などをお聞きいたしますので、「相続関係図」や「固定資産税納税通知書」がございましたら、ご…
税理士は税金の専門化です。節税や税務調査の相談もできますが、相続税の相談には乗ってもらうことが出来ません。 司法書士は不…
相続手続きに必要な書類は主に以下3種類になります。 1つ目が、被相続人の出世から死亡までの戸籍謄本 2つ目が、相続人全員…
借金もマイナスの財産として、相続の対象になります。 借金の相続を免れる方法として、「相続放棄」「限定承認」の2種類があり…
はい、相続権はあります。 元旦那様の子どもは子どもでありますので、離婚していても親族関係は続きます。
遺言書を書かない場合、財産は国に帰属します。 なので、財産を誰か渡したい人がいましたら遺言をするといいでしょう。
法律上の決まりはございません。ほとんどの場合、喪主が負担いたしますが相続人の間で「相続分に応じて支払うべき」などで話し合…
基本的に借地権も相続財産として扱われます。 そして、借地権を相続する際に地主の許可は不要で、また、費用も不要です。 した…
死亡退職金の受取人はその会社の規程によって決まりますので、確認を行う必要があります。多くの場合、法定相続人が受取人に指定…
相続放棄ができる期間は相続人が無くなってから3か月以内が原則ですので、相続発生時にはすぐに財産調査を行いましょう。借金が…
一度裁判所に相続放棄が受理されると取り消しが出来なくなります。 そのため、後日財産が見つかったとしてもすでに相続放棄して…
長男様がすべての借金を相続したとしても、債権者にはその旨を主張することはできません。なので長男様が遺産と借金すべて相続し…
3か月経過前に、家庭裁判所に期間延長の申立てをすることによって新たに3か月の期間延長が可能です。
被相続人が他人の保証人になっていた場合にも、相続財産として相続人が引き継ぐことになります。
プラスの財産のみの相続はできません。 ですが限定承認を使えば、プラスの財産内でマイナスの財産を相続するので、プラスの財産…
遺産分割を終了させなくてはいけない期限の規定はありませんが、相続税の申告に期限があります。なので、相続開始を知った次の日…
まずは被相続人の遺品整理をして、通帳や不動産権利証、証券口座等の有無を確認しましょう。 また不動産の有無を調査するには市…
生前、相続人に財産の受け渡しがあった場合に、その財産が「特別受益」にあたる贈与だと判断されれば、その贈与の金額を相続財産…
知らない方でも、その方と質問者が同じ相続の相続人になっている可能性がある場合には、ハンコを押さないようにしましょう。 日…

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容