数次相続、再転相続ってどんなもの?
ざっくりポイント
  • 数次相続とはどのようなものか
  • 再転相続・代襲相続・同時死亡という言葉との関係
  • 数次相続が発生した場合の相続登記・相続放棄
目次

【Cross Talk】数次相続ってどんなもの?

先日父が亡くなり、母と私が父の財産を相続しました。実は祖父が亡くなったばかりで、後を追うように父も亡くなったのですが、相続手続について調べていると、「数次相続」というものがありました。私たちはこれに該当するような気がするのですが、よくわかりません。詳しく教えてください。

相談者様のケースのように、先に発生している相続の手続が終わらない状態で、相続人の一人が亡くなってさらに相続手続が発生するような場合を「数次相続」といいます。理論的には二度、三度と相続が繰り返すことがあるので、「数次」という言い方がされています。

数次相続の基本的な仕組みを知ろう

ある相続が発生し、相続人となった人がその後すぐ亡くなってしまい、新たに相続が発生する場合を数次相続といいます。 相談者様のように祖父・父というケースもあれば、父母が相次いで亡くなったような場合などにも発生します。相続において複数の人が関係してくる代襲相続や、死亡の時期に関する推定規定である同時死亡の原則なども併せて整理しておきましょう。

数次相続とは?

知っておきたい相続問題のポイント
  • 数次相続とはどのようなものか

数次相続についてもう少し詳しく教えてもらえますか?

相続がいくつも積み重なってしまうことを指す「数次相続」について、具体的な事例についてみてみましょう。

数次相続とはどのようなものでしょうか。

数次相続とは何か?

数次相続とは、相続手続が何重にも積み重なっている状態のことをいい、「広義の再転相続」とも呼びます。 これに対し、祖父から父への相続が発生して、父が相続を承認・放棄するかを決めないまま亡くなり、子に相続が発生したような場合は、「狭義の再転相続」と呼ばれています。 数次相続(広義の再転相続)は、亡くなった人が相続することが確定しているのですが、狭義の再転相続は、相続放棄をするかもしれない状態で亡くなったため、相続関係が確定していないという点で注意が必要です。

数次相続の具体例

相談者様のケースのように、祖父が亡くなりその子である父が相続人となったが、すぐに父も亡くなってしまったような場合には、祖父の相続手続を終えてから、父の相続手続を行う必要があります。 また、父が亡くなってすぐに母が亡くなったようなケースでは、母がした父の相続分について、数次相続が発生しているといえます。

数次相続と代襲相続の違い

相続において複数の人が関係してくる場合として「代襲相続」というものがあります。 代襲相続は、父・子・孫がおり、父の相続の時点で子がすでに亡くなっているような場合に、孫が子に代わり、父の財産を相続することをいいます。 数次相続は、父・子と順番に亡くなっている場合なので、両者は異なります。

数次相続と同時死亡の違い

同じように複数の人が相続に絡む場合で、「同時死亡」というものがあります。 死亡の事実は、通常であれば医師の死亡宣告によって決定され、その日時は死亡診断書に記載されます。 しかし、たとえば祖父と父が同じ航空機に乗っていて、その飛行機が墜落した結果、両者とも亡くなったような場合や、祖父はゴルフ中に落雷で・父は船舶事故でどちらも亡くなってしまい、死亡の日時の確定ができないというようなケースがあります。

このような場合に、祖父が先に亡くなっていれば、祖父・父・子と相続がされるのですが、父が先に亡くなっていると、父は祖父の相続をせず子が代襲相続をすることになります。 このような場合の処理として、民法は同時死亡の推定という規定(民法32条の2)において、前後関係が不明なときは同時に死亡したものと推定することとしました。

上記のような前後関係が不明な場合には、同時に死亡したものとして、相続開始のときに相続人が死亡していたとして、代襲相続が発生することになります。 なお、同時死亡の推定を反対する証拠がある場合は、亡くなった日時の順に従った相続となります。

数次相続が生じた場合の遺産分割

知っておきたい相続問題のポイント
  • 数次相続が生じた場合、遺産分割はどのように行うのか

祖父・父の相続はどのように進めればよいでしょうか。

祖父の相続について、父の地位を受け継いだ相続人として各種手続を行った後に、父の相続を行うという順序になります。

数次相続が生じた場合、遺産分割はどのように行うのでしょうか。

遺産分割協議を全く行っていない場合

遺産分割協議を全く行っていないような場合には、それぞれの遺産分割協議を行います。 祖父の相続時に父は存命でない場合は、祖父の遺産分割協議において、子などが父の相続人として加わります。 父の配偶者が存命、子が複数居るなどして、父の相続が共同相続になっているような場合には、全員がこれに加わらなければなりません。 そして、祖父の遺産分割協議を終了した上で、父の相続手続を行うのが通常です。

一部遺産分割協議が成立している場合

たとえば、自宅の相続方法のみ決まっているなど、祖父の財産について一部の遺産分割協議のみが終了している場合には、残った部分についての遺産分割協議を相続人が行います。 この場合、父が存命中に行った遺産分割についての話し合い結果は、相続人にそのまま受け継がれます。

数次相続が生じた場合の相続登記方法

知っておきたい相続問題のポイント
  • 数次相続が生じた場合に遺産分割をどのように行うか

祖父は自宅を保有していました。そうすると不動産を相続することになると思うのですが、相続登記について何か注意点はありますか?

普通に考えると祖父から父へ父から子へという順番に登記をするのですが、場合によっては祖父から子へ飛ばして登記ができることがあります。

数次相続をした財産の中に不動産がある場合の相続登記について確認しましょう。

中間者が相続登記しなくて良い場合

数次相続をする場合の相続登記について、祖父から父へ、父から子へとという順番で登記をするのが通常です。 ただし、数次相続における相続人が複数いない場合のみ、中間の人を飛ばして登記すること(中間省力登記)が認められています。 もともとは共同相続の場合でも、相続放棄によって相続人が一人となり単独登記をする場合も、これに含まれます。

中間者が相続登記しなければならない場合

その他の数次相続については、すべての登記を行わなければなりません。 ただし、平成30年(4月1日)から令和3年3月31日までの数次相続については登録免許税の免税措置がとられていますので、負担は少なくなっています。

再転相続における相続放棄

知っておきたい相続問題のポイント
  • 相続放棄の概要
  • 再転相続時の相続放棄のパターン別の可否

祖父が亡くなった後、祖父の相続を承認するか放棄するか決める前に、父が亡くなってしまいました。祖父は不動産賃貸をしており、相続財産として不動産があるので相続をしたいのですが、父は事業に失敗した負債がまだ残っています。そこで、父の相続を放棄して祖父の分の相続だけしたいのですが、可能ですか?

祖父の分の相続は父の相続をすることが前提になるので、この場合、祖父の分のみ相続することはできません。

二つの相続手続を通じて常に資産を相続できるとは限らず、相続人の中には負債・借金などの債務を抱えて亡くなる人がいることも考えられます。両方の相続放棄をすることはもちろん認められるのですが、どちらか一方のみの相続放棄はできるのでしょうか。

相続放棄とは

まず、相続放棄とはどのようなものなのでしょうか。 相続放棄とは、裁判所での手続を経て、初めから相続人としての権利を有していなかったものとする行為です。 「放棄」という言葉の意味からすると、一度相続したものを捨ててしまうような文言に見えますが、法制度上は初めから相続人ではなかったことになるので、そもそも相続をしないようになった、という理解になります。

一次相続を承認して二次相続を放棄すること

祖父・父・子と順に移った相続について、父の相続(二次相続)を放棄すると、祖父の相続を承認するか放棄するかどうかを決定する地位も相続しないことになります。 そのため、子が祖父の相続を承認し、祖父の財産を相続することもできなくなります。

一次相続を放棄して二次相続を承認すること

一方で、祖父に借金がある場合などには、子は父の相続人として、一次相続を放棄することはできます。 その結果、子は、父の財産のみを相続し、祖父の負債を放棄することができます。

まとめ

このページでは数次相続、再転相続についてお伝えしました。 このページでご紹介した事例は、基本的な事項についてシンプルに説明するための簡単な事例で、数次相続が実際に発生しているような場合には、様々な人が関与してきて複雑な関係になっていることが通常です。そのため、弁護士に相談するなどして、確実な手続きを進めていくべきといえます。

遺言や相続でお困りの方へ
おまかせください!
分からないときこそ専門家へ
相続については、書籍やウェブで調べるだけではご不安な点も多いかと思います。当事務所では、お客様の実際のお悩みに寄り添って解決案をご提案しております。「こんなことを聞いてもいいのかな?」そう思ったときがご相談のタイミングです。

この記事の監修者

弁護士 岩壁 美莉第二東京弁護士会 / 東京第二弁護士会 司法修習委員会委員
あなたが笑顔で明日を迎えられるように、全力で法的なサポートをいたします。お気軽にご相談ください。
初回相談
無料
法律問題について相談をする
電話での予約相談
(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700
相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

一般社団法人 相続診断協会
資料ダウンロード