推定相続人と法定相続人の言葉の意味を知ろう
ざっくりポイント
  • 推定相続人と法定相続人とは
  • 推定相続人でも実際に相続人になれない人とは
  • 相続人がだれかを調べるには
目次

【Cross Talk】推定相続人と法定相続人ってどう違うの?

相続についてインターネットで調べると、よく「推定相続人」と「法定相続人」という似た言葉が出てきます。これらはどのように違うのでしょうか。

推定相続人は相続が開始した場合に相続人となるであろう人のことです。一方で、法定相続人とは実際に被相続人が亡くなって相続が開始したときに法律の規定により相続人となる人のことをいいます。

なるほど!もっと詳しく教えてもらっていいですか?

ややこしい推定相続人と法定相続人という考え方について確認しよう

相続に関する説明をするにあたって「推定相続人」という言葉と「法定相続人」という言葉が存在します。また、相続については、相続欠格・相続人の廃除という規定が存在します。

推定相続人と法定相続人の意味を確認する

知っておきたい相続問題のポイント
  • 推定相続人とは
  • 法定相続人とは

まず「推定相続人」と「法定相続人」の言葉の違いについて教えてください。

「推定相続人」はまだ存命である方が、今後亡くなられた時に法律の規定に従うと相続人となるであろう人のことをいいます。法律上は、「相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう」(民法892条)と規定されています。一方で、「法定相続人」は実際に相続が開始した際に、法律の規定により相続人となる人のことをいいます。

まず「推定相続人」と「法定相続人」の言葉の違いについて確認しましょう。

推定相続人とは

推定相続人とは、ある人が亡くなって相続が開始する際に相続人となるであろう人のこといいます。 相続によって所有権などが移転する効果が発生するのは、被相続人が亡くなったときになります(民法882条)。そのため、亡くなられる前までは相続人という方は存在しないため、「推定相続人」という表現を用います。 また、推定相続人については、相続人の廃除という規定が存在し、これは相続が開始する前に、今のまま亡くなったら相続人となるであろう「推定相続人」に相続をさせないようにする手続きです。

法定相続人とは

法定相続人とは、相続が開始した場合に法律の規定により相続人となる人のことをいいます。

推定相続人でも相続人になれないケースを確認しよう

知っておきたい相続問題のポイント
  • 相続欠格と相続人の廃除
  • 相続欠格事由の発生・相続人の廃除がされた場合の代襲相続

推定相続人という人であれば相続人に必ずなれるという訳ではないのですね。

はい、推定相続人に対して相続人の廃除という手続きをすることによって、相続人から外してしまうことが可能です。

推定相続人であっても、被相続人が亡くなったときに、相続人になれなくなるケースを知っておきましょう。

相続欠格

相続に関して背信性の高い行為をした相続人の相続権を剥奪する制度が相続欠格です。 民法891条に規定されており、次の5つのことを行うと相続人となることができません。 一つ目は、自分の相続が有利になるよう人を故意に死亡させた場合や、死亡させようとして刑に処された場合です。 被相続人を殺害して相続することを認めるのは妥当でないですし、他人を殺害することによって自分に相続が回ってくる・相続分が増えることになるのは妥当ではありません。

二つ目は、被相続人が殺害されたことを知っていながら告発しなかったような場合です。 三つ目は、詐欺又は強迫によって、被相続人が遺言書を作成することを妨げた場合です。その裏返しとして、四つ目は、詐欺又は強迫によって、被相続人に遺言書を作成させた場合です。

最後に、遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿したような場合です。このような事項にあてはまることをすると、特に家庭裁判所に請求などすることもなく、相続欠格として相続人になることはできなくなります。

相続人の廃除

相続欠格に該当するようなことを行っていなくても、たとえば非行に走って親や兄弟に多大な迷惑をかけていたような場合に、親としてはその子に相続をさせたくない、と考える場合もあります。 そのような場合に、推定相続人の相続権を剥奪するのが相続人の廃除という手続きです。慎重を期すため家庭裁判所が相続権を奪うことが妥当かどうかを判断して行います(民法892条)。

代襲相続という規定を知っておく

相続欠格に該当する・相続人として廃除されたというような場合には、その人は相続することができなくなります。しかし、相続欠格に該当する人・相続人として廃除された人に子がいる場合、本来その人が受け取るべきだった相続分を子が受け継ぐことができ、これを代襲相続といいます。なお、代襲相続をした人は、他の相続人が居るような場合には共同相続をします。

推定相続人と法定相続人がだれかを調べるためには

知っておきたい相続問題のポイント
  • 相続人がだれかを調べる方法

父の相続対策を考えているのですが、父は一度離婚をしており、前回結婚をしていた時にも子供がいたとのことでした。私たちどころか父も現在の連絡先がわからないとのことなのです。誰が相続人なのかはどうやって調べればよいでしょうか。

戸籍を取り寄せることで可能です。実例を紹介しますのでやり方を見てみましょう。

相続対策のために推定相続人がだれかを知りたいけど、相談者様のように離婚歴があるなどして自分たちの知らない相続人がいるケースがあります。 このような場合に推定相続人を探す方法を説明します。なお、相続が開始して法定相続人を調査する場合も同様の方法で行います。

相続人がだれかを調べるためには戸籍を調査する

相続人がだれかを調べるためには、戸籍を調査する必要があります。 例えば、Aさんは大阪市の両親元で出生し、大阪市内でBさんと結婚し子Cさんをもうけましたが離婚、東京に出てきたからDさんと結婚し子EさんFさんをもうけたとします。

このとき、Aさんが亡くなった時には、配偶者であるDさんと、子CさんEさんFさんの4人が法定相続人となります。Cさんのように、離婚した妻の子であるからといって法定相続人から除かれるわけではありません。 この時に、現在の東京にあるAさんの戸籍だけだと、東京に移ってきてからDさんと結婚しEさんFさんをもうけたことまでしか記載されていないことになります。 戸籍謄本を順番に取り寄せていくと、結婚をして新しい戸籍が作成された大阪市での除籍謄本に結婚をして子がいる事実が記載されている可能性が高いのです。

事例をもとに戸籍の調査の仕方を紹介

上述の例をもとに考えてみましょう。 まず、Aさんの現在の戸籍があるところで、戸籍全部事項証明書を取得します。これには、改製という記載があったので、改製原戸籍謄本を取得します。

改製原戸籍謄本には大阪市の住所より転入してきたこと、筆頭者がAさんであることが確認できるので、大阪市の除籍謄本を取りよせます。大阪市の除籍謄本を取り寄せたところ、妻Bさんと結婚の後Cさんをもうけていることが確認できます。

この戸籍には、Aさんの父(または母)が筆頭者となっている同じ大阪の別の住所の戸籍から転入してきたことが確認できますので、その除籍謄本を取り寄せます。 これでAさんには、CさんDさんEさんFさんの4人が相続人で、他に相続人がいないと確定できます。

まとめ

このページでは、推定相続人と法定相続人という言葉の違いと、推定相続人と法定相続人を調査する方法をお伝えしました。相続人を探す作業は上記のようにご自身で行うことが可能ですが、個々の事情によりご自身で探すのは難しい場合もありますので、弁護士・税理士といった専門家にご相談ください。

この記事の監修者

弁護士 吉田 悠亮
弁護士 吉田 悠亮第二東京弁護士会
ご依頼者さまの法律問題に誠実に取り組み、より良い事件解決を目指します。

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容