相続関係説明図は何のために必要?書き方は?
ざっくりポイント
  • 相続関係説明図とはどのようなものか
  • 相続関係説明図が必要な理由
  • 相続関係説明図の作り方
目次

【Cross Talk】相続関係説明図ってどういうもの?

先日父が亡くなり母と私で相続をすることになりました。手続きをしているのですが「相続関係説明図」の存在を知りました。私の相続でも必要なのでしょうか?

不動産の相続登記を行う際に提出する戸籍謄本を返してもらいたい場合は、相続関係説明図が必要になります。亡くなられたお父様は不動産をお持ちだったんですか?

はい、父の遺産には自宅がありますので相続登記をする必要があります。詳しく教えてください。

不動産の相続登記をする際に作成するのが相続関係説明図

被相続人の遺産に土地・建物・マンションなどの不動産がある場合、名義を移転するために相続登記が必要となります。 相続関係説明図は相続登記をするときの添付書類として作成します。相続登記をする際に親族関係を証明するために戸籍謄本を提出するのですが、戸籍謄本はいろんな相続手続きに必要とされるため、提出してしまうとまた取り寄せをしなければならなくなります。 しかし、原本還付といって戸籍謄本を提出後に返してもらえる手続き方法があり、そのために相続関係説明図が必要となります。

相続関係説明図とは?

知っておきたい相続問題のポイント
  • 相続関係説明図はどういうものか
  • 相続関係説明図は何故必要なのか

相続関係説明図はなぜ必要なのでしょうか?

相続登記をする際には戸籍謄本の提出が必要なのですが、戸籍謄本は銀行で預金を引き出す、相続税申告をするなど相続に関する様々な手続きに必要となります。 そこで、提出する戸籍謄本を返してもらう原本還付という手続きを行うため、相続関係説明図の提出が必要になります。

相続関係説明図がどのようなものか確認しましょう。

相続関係説明図の内容

相続関係説明図とは、相続登記をする際に法務局に提出する添付書類の一つで、被相続人と相続人の関係を図にしたものです。 相続関係説明図は、被相続人と相続人が、どのような関係にあるのかを一覧で確認することができます。 たとえば、代襲相続が発生しているような場合には、被相続人の子がいつ亡くなって、その人の代襲相続人としてどのような人がいるのか、ということを大量にある戸籍謄本から把握するのは手間がかかりますが、相続関係説明図があることによって誰が相続人なのかということや被相続人との関係が把握し易くなります。

法定相続情報一覧図との違い

よく似た名前のものとして法定相続情報一覧図というものがあります。 法定相続情報一覧図は、法務局での認証を受ければ戸籍謄本の代わりに提出することができるものです。 相続関係説明図は不動産の相続登記との関係でのみ使用するのに対して、法定相続情報一覧図は相続手続き全般で利用することができます。

相続関係説明図が必要な理由

相続関係説明図は何故必要なのでしょうか。 相続登記をする際には様々な書類が必要なのですが、その中に戸籍謄本があります。 戸籍謄本は被相続人と相続人との関係を証明する公的な書類で、銀行口座の解約や相続税の申告など、様々な相続手続きに利用されます。 戸籍謄本としては被相続人の出生から死亡までのもの、相続人の現在戸籍の全てが必要となり、収集すべきものが多く手間がかかります。 これを何通も取り寄せをしなければならないのは非常に負担です。

そのため、相続手続きにおいて、戸籍謄本を申請者に返却する「原本還付」というシステムがあります。 相続登記においても同様で、原本還付によって提出した戸籍謄本を返却してもらうことが可能です。 この原本還付を受けるために、相続関係説明図が必要になります。

相続関係説明図の書き方

知っておきたい相続問題のポイント
  • 相続関係説明図を作成するために必要な情報の集め方
  • 相続関係説明図の作成方法

では実際に相続関係説明図はどうやって作成するのでしょうか。

相続関係説明図に何を書くべきか、どのように書くべきかをお伝えします。

相続関係説明図の作成方法を確認しましょう。

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を集める

相続関係説明図を記載する前提として、誰が相続人なのかを確定する必要があります。 たとえば、現在東京都新宿区に戸籍があるが、以前は大阪市に居住しており、その頃に実は結婚し妻子がいたというような場合、戸籍をさかのぼることで明らかにすることができます。 そのため、被相続人の出生から死亡するまでの戸籍謄本を全て収集します。 戸籍謄本には、戸籍全部事項証明書・除籍謄本・改製原戸籍謄本などの種類があります。

まずは直近の戸籍謄本を取り寄せ、そこに書いている記載から一つ前のものに遡っていく方法をとります。 転出してきた場合には、転出前の住所を確認します(結婚をして新しく戸籍を作成した場合には従前の筆頭者も確認します)。改製により新しくなった場合には、改製原戸籍謄本を取得します。 このような形で一つずつ遡り、出生までの戸籍を収集します。

相続人の戸籍謄本を集める

次に相続人の戸籍謄本を取得します。 被相続人の相続人であることを証明できるような形で戸籍を集めます。 配偶者ならば、結婚してから現在までの戸籍を全て収集します。 子であるならば、両親のもとに生まれた戸籍から現在までのものを全て収集します。

集めた資料から被相続人と相続人の関係を明らかにする

全ての戸籍を収集することで、親族関係および出生や居住地などに関する情報が明らかになります。 どの人が長男なのか長女なのかといった事項のほかに、住所、生年月日も相続関係説明図に記載しますので、戸籍謄本から情報を抜き出します。

法定相続人を確定する

最終的に法定相続人を確定します。 法定相続人というのは、法律の規定で相続人となる人のことです。

相続関係説明図を作成する

最後に相続関係説明図を作成します。 作成方法について法定するものはありませんが、一般的には次の通りになります。 被相続人と配偶者の婚姻関係については二重線で、その他は一本線でつなぐ形で記載をします。 被相続人に関しては、氏名・生年月日・死亡した年月日・最後の住所を記載します。 相続人は続柄・氏名・生年月日・住所を記載します。最後に作成した者が作成日付を記入した上で、記名・押印を行います。

まとめ

このコラムでは相続関係説明図についてお伝えしました。 相続関係説明図は、相続財産に不動産があり相続登記を行う際に、戸籍謄本の原本還付を受けるために作成する書類であることを覚えておきましょう。

この記事の監修者

弁護士 吉田 悠亮
弁護士 吉田 悠亮第二東京弁護士会
ご依頼者さまの法律問題に誠実に取り組み、より良い事件解決を目指します。

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容