車を相続する場合の注意点や、遺言書に記載する際のポイントを解説します。
ざっくりポイント
  • 相続による自動車の名義変更は義務ではないが、不都合を避けるにはしておくべき
  • 自動車保険の名義変更の手続も済ませておく
  • 自動車について遺言書に記載する場合は、車検証をもとに具体的に記載する
目次

【Cross Talk 】自動車の名義変更はしておくべき?

自動車を相続する場合、名義変更はしなければならないのでしょうか? 忙しいし面倒なので、できればしたくないのですが。

相続に伴う自動車の名義変更は義務ではありませんが、放置すると不都合が生じる可能性があるので、名義変更をしておくべきです。自動車保険の名義変更の手続きも必要ですね。

名義変更をしたほうがいいのですね。自動車について遺言書に記載する場合の注意点も教えてください!

自動車を相続する場合の名義変更の必要性や、遺言書の記載方法などを解説

被相続人が生前に自動車を所有していた場合、相続人の中で誰が自動車の所有者になるかを決めて、被相続人から相続人に名義変更をします。 名義変更は必ずしも義務ではありませんが、変更せずに放置しておくと不都合が生じる可能性があります。 そこで今回は、自動車を相続する際の名義変更や、自動車に関する遺言書の記載方法を解説します。

相続した自動車の名義変更

知っておきたい相続問題のポイント
  • 自動車の名義変更は義務ではないが、不都合が生じる可能性があるのでしておくべき
  • 被相続人が加入していた自動車保険の名義変更も忘れずにしておく

自動車を相続する場合、名義変更は必ずしなければならないのですか?

名義変更をしなくても自動車を使用することはできますが、様々な不都合が生じる可能性が高いので、名義変更はしておくべきです。被相続人が加入していた自動車保険の名義変更も忘れずに済ませましょう。

車の名義変更の必要性

被相続人が亡くなって自動車を相続する場合、不動産と同様に、新しく相続人の名義にするには自動車の名義変更の手続が必要です。

この点、相続に伴って自動車の名義変更をすることは義務ではないので、被相続人の名義のままで自動車を使うことも可能です。

ただし、名義変更をしないと自動車を処分する際に不都合が生じるため、自動車を相続した場合は早めに名義変更をすることをおすすめします。

遺産分割協議書への記載方法

自動車を相続する場合、名義変更の手続に必要な書類の1つとして、遺産分割協議書があります(相続人が複数いる場合)。

遺産分割協議書とは、被相続人が残した財産を各相続人でどう分配するかが記載された書面です。相続人のうち、誰が自動車の新しい所有者なのかを客観的に証明するために、遺産分割協議書が必要になります。

書式は自由ですが、遺産分割協議書は、以下のようにできるだけ具体的に記載することが重要です。 車検証を参照して記載しましょう。

・車名 ・登録番号 ・型式 ・車体番号

遺産分割協議書の記載が終わったら、全員が内容に合意したことを示すために、相続人全員の署名と実印を押します。

被相続人の自動車保険の手続も忘れずに

自動車の名義変更だけでなく、被相続人が生前に加入していた自動車保険の手続も忘れずに済ませましょう。

自動車保険の以下の3つの名義については、一般的に被相続人から相続人への名義変更が必要になります。

・契約者: 自動車保険の契約を締結し、保険料を支払う人。

・記名被保険者: 自動車保険の契約車両を主に運転する人で、保険の補償を主に受ける人。自動車保険の等級は記名被保険者を基準に定められる。契約者と記名被保険者は異なる人物でもよい。

・車両所有者: 契約車両の所有者のこと。車検証に所有者として記載されている者が原則として車両所有者にあたるが、ローンやリースの場合は、使用者が車両所有者とみなされます。

自動車保険の名義変更手続の詳細や必要書類などは保険会社によって異なります。なお、被相続人が加入していた自動車保険を継続せずに解約することもできますが、いずれにせよ手続が必要です。 自動車保険の名義変更をせずに事故を起こしてしまうと、万が一の際に補償が受けられなくなる可能性があります。被相続人が亡くなった場合は、早めに保険会社に連絡して手続を済ませましょう。

遺言で自動車について記載する

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺言で自動車について記載する場合は、自動車の情報と誰に相続させるかを具体的に書く
  • 相続税に関する自動車の時価の算定基準日は、被相続人が亡くなって相続が開始した日

世話になった次男に自動車を相続させたいので、遺言書に記載しようと思います。どんなことに注意すべきですか?

遺言書で自動車について記載する場合、自動車の登録番号や誰に相続させるかなど、具体的な情報を誤りなく記載することが重要です。

遺言書での書き方

遺言をすると、誰に自動車を相続させるか被相続人が指定することができます。 書式は自由ですが、自動車を特定できるように、車検証の情報をもとに具体的な情報を記載しましょう。基本的には遺産分割協議書に記載する場合と同様です。
・車名 ・登録番号 ・型式 ・車体番号
自動車の情報を誤って記載しないようにしましょう。記載が間違っている場合、遺産の特定ができない可能性があります。 また、誰に相続させるかをはっきりさせるために、相続させたい方の氏名、生年月日、被相続人との身分関係(長男や次男など)を記載し、最後に「相続させる」と記載します。

注意点

相続税の有無や課税額の算定のために、相続の対象となる自動車にどれくらいの価値(時価)があるかを調べる必要がある場合があります。

年月が経過するほど自動車の価値は基本的に下がっていくので、いつの時点を基準に価値を決めるかポイントになります。自動車の価値の基準日は、被相続人が亡くなって相続が開始した日です。 たとえば、被相続人が亡くなった日の自動車の時価が50万円であれば、相続税の算定基準となる自動車の価値は50万円です。その日以降に自動車の価格が上下したとしても影響はありません。

まとめ

相続に伴って自動車の名義変更をするのは義務ではありませんが、放っておくと自動車を処分する際に不都合が生じる可能性があるので、名義変更をしておくべきです。 自動車について遺言書に記載する場合、どの自動車か特定できるように型式や車体番号などを具体的に記載しましょう。車検証の情報をもとに、誤りなく記載することが重要です。

この記事の監修者

弁護士 吉田 悠亮
弁護士 吉田 悠亮第二東京弁護士会
ご依頼者さまの法律問題に誠実に取り組み、より良い事件解決を目指します。

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容