遺産分割協議成立後、相続人全員が把握していなかった不動産が!?どうすればいいの?
ざっくりポイント
  • 遺産分割協議成立後に新たな財産が発覚するのはどのような場合か
  • 新たな財産が発覚したときの遺産分割協議の効力
  • 新たな財産が発覚した場合でも争いを生じさせないためのポイント
目次

【Cross Talk】遺産分割後に新たな口座が発覚した!どうすればよい?

もう半年前になるのですが、父が亡くなり私と母・妹で相続をしました。父が亡くなってから3ヶ月の時点で、遺産分割協議を行いました。 しかし、先日、父が株取引に使っていた銀行口座があることがわかったのですが、このような場合に遺産分割協議の効力はどのようになるのでしょうか。

その財産が発覚していればこのような遺産分割をしなかった、といえる場合でない限り、従来の遺産分割は有効で、新たに発覚した遺産について遺産分割協議を行うことになります。

新たに発覚した遺産が遺産分割上重要な部分でなければ、従来の遺産分割は有効。新たに発覚した遺産のみを分割する。

ある人に相続が発生した場合、遺言がなければ、相続人間で相続財産について遺産分割を行います。 ただ、遺産分割時に相続人が把握していない遺産があるような事があります。 このような場合でも遺産分割は基本的に有効で、新たに発覚した相続財産についてのみ遺産分割を行うことになります。 ただ、新たに発覚した遺産が存在していることを知っていれば、一度成立させた遺産分割協議の内容で同意をしなかったといえる場合には、民法上の錯誤という理論に基づいて、当該協議の無効を主張することができます。 このページでは、遺産分割後に新たな遺産が発覚した場合についての処理を確認しましょう。

どのような場合に遺産分割協議後に財産が発覚するか?

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産分割協議後に財産が発覚するケースについて知る

そもそも遺産分割協議後に協議の対象としていない相続財産が発覚する…なんてことはよくあるのでしょうか?

頻繁とはいえませんがよくあるようですね。具体的に見てみましょう。

遺産分割協議後に新たな遺産が発覚するようなケースとしては次のような場合が挙げられます。

相続人が知らない銀行口座

本件の相談者のように、普段の生活のために利用していた口座以外にも、被相続人が利用していた口座が存在するような場合があります。 本件のように、株口座取引のためにだけ利用していた銀行口座や、いわゆるへそくりを貯めていたような口座などで、家族にはあまり存在を明らかにしていなかったものです。 普段から見えないように隠しておいた場合には、遺品整理を行う中でたまたま、通帳やキャッシュカードを発見したりすることもありますし、銀行からの通知で初めて口座の存在を認識する、ということもあります。

不動産

不動産は、相続が発生しても相続登記をする義務がありません。 そのため、現実に生存していない人が登記名義人になっていることも珍しくなく、いざ売却・その他の手続きのために所有権を確定させようとして、実は持分を所有していた…ということがあります。

他人に貸しやすい動産

たとえば美術品・骨董品や電気製品などを、他人に貸すような場合があります。 他人に貸したまま被相続人が亡くなってしまった場合、借りていた人が被相続人に返却しようとしたところ、すでに亡くなっていたので相続人に連絡をした…というようなケースもあります。

遺産分割協議後に財産が発覚した場合の対処法

知っておきたい相続問題のポイント
  • 一度成立させた遺産分割協議の効力はどうなるのか
  • 発覚した相続財産についてどのような手続きが必要なのか

では、新たに相続財産が発覚したような場合、どうすればよいでしょうか?

基本的には従来の遺産分割協議は有効で、新たに発覚した相続財産について遺産分割をします。

遺産分割後に相続財産が発覚したときにどのような措置が必要か確認しましょう。

遺産分割協議が無効になる場合がある

まず、一度成立させた遺産分割協議は、基本的には有効となります。 ただし、実際には、一度成立した遺産分割協議は、錯誤により無効であると判断された裁判例があります。 錯誤無効というのは、法律行為(契約や遺産分割協議も含まれる)をするにあたって、その「要素」に錯誤(勘違い)があった場合には、その法律行為は無効になるという民法の規定です(民法第96条)。

「要素に錯誤がある」というのは法律用語に該当するので、イメージしづらいのですが、その法律行為をするに際して重要な部分であり、もしそのような勘違いがなければ同意をしなかった、といえる内容を指します。 まとめると、新たに発覚した遺産があることを知っていれば、一度成立させた遺産分割協議の内容での合意をすることはなかった、といえる場合には、錯誤で無効となると考えましょう。

錯誤無効の主張をすることができるかどうかは、新たに見つかった遺産の金額がいくらか、といった形式的な数字で判断するわけではなく、ケースバイケースで考えます。 錯誤無効の主張ができるかどうかは、弁護士に相談するのが妥当であるといえるでしょう。

遺産分割協議が無効になると、遺産分割協議を再度行う必要がある

もし遺産分割協議が無効となった場合には、新たに発覚した相続財産と従来の相続財産とを併せて、遺産分割協議を再度行います。

遺産分割協議が有効であっても、新たな財産について遺産分割協議を行う

遺産分割協議が有効である場合には、新たに発覚した相続財産について、別途、遺産分割協議を行います。

事前に遺産分割協議後に新たな財産が発覚した場合の対処する方法

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産分割協議の内容で、新たな財産が発覚した場合の対応についても定めておく

遺産分割協議後に新たな財産が見つかると争いになってしまいますね。何か良い対策はあるのでしょうか。

最初の遺産分割協議の内容で、新たな財産が見つかった場合についての分け方・見つかった場合の管理方法などについて決めておくと良いでしょう。

被相続人が生前に、相続発生時を見越して準備をしていたような場合はまだしも、突然亡くなるような場合も十分にありますので、事前に被相続人の相続財産を全て把握して遺産分割協議をすることは難しいといえます。 このような時に、後の争いに備えて、新たな相続財産が見つかった場合の措置について、遺産分割協議の内容に盛り込んでおくことも検討しましょう。

まとめ

このページでは、遺産分割協議後に、被相続人の相続財産が新たに見つかった場合についてお伝えしました。 被相続人が自身の相続発生を見越して準備をせずに、突然亡くなったような場合には、被相続人があまり公にしていなかった財産をすぐに発見できないようなケースがあります。 基本的には、新たに発覚した相続財産について別途遺産分割をするのですが、それでも一度成立した遺産分割協議の内容があまりにも不公平だと感じる場合には、無効を主張できないか、弁護士に相談するようにしましょう。

遺言書のない状態でお悩みの方
まとまらない!
7割のお客様は遺言書がありません
当事務所に相続問題でお問い合せいただくお客様の約7割は、遺言書がありません。兄弟姉妹で対立することも多く、感情的な対立に発展することもしばしばです。ストレスの多い相続問題解決のヒントについて詳しくご紹介します。

この記事の監修者

弁護士 岩壁 美莉第二東京弁護士会 / 東京第二弁護士会 司法修習委員会委員
あなたが笑顔で明日を迎えられるように、全力で法的なサポートをいたします。お気軽にご相談ください。
初回相談
無料
法律問題について相談をする
電話での予約相談
(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700
相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

一般社団法人 相続診断協会
資料ダウンロード