遺産分割って何なのか?基本的な事項を確認しよう
ざっくりポイント
  • 「遺産分割」がどのようなことをするのかを知る
  • 遺産分割の基本的な流れがどうなっているか
  • 遺産分割の種類にはどのようなものがあるか
目次

【Cross Talk】遺産分割って具体的には何をするの?

先日父が亡くなり、母と兄と私で父の財産を相続することになりました。いろんな手続きをするにあたって遺産分割協議書を作る必要があると知りました。遺産分割って具体的には何をするのでしょうか。

どのように遺産を分割するかを話し合うことです。協議の結果を書面にしたものが遺産分割協議書になります。

遺産分割って何をするの?

被相続人が亡くなった場合、遺言がなければ法定相続分に従った相続をすることになっています。しかし相続に関する規定は相続財産に対する割合のみを記載しており、どの財産を誰が相続するかは法律で規定されておりません。 そのため法定相続分を参考にしながらどの財産を誰に帰属させるかを改めて決める必要があります。このことを遺産分割と呼んでいます。このページでは言葉の意味と遺産分割の方法などの基本的な事項についてお伝えします。

遺産分割とは?

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産分割の意味
  • 遺産分割と相続の関係

遺産分割とはどのようなものですか?

相続財産を具体的に分けるのが遺産分割です。

まず、遺産分割とはどのようなものかを確認しましょう。

遺産分割の意味

遺産分割というのは、どの相続財産を具体的に誰に分けるかを決めることをいいます。 相続をした際に遺言書がない場合、民法第900条以下に定められた割合で財産を相続するとされていますが、相続財産は相続人全員の共有とされており(民法第898条)、どの財産が誰にわたるという事を定めているものではありません。 そのため、被相続人が家を所有していた場合、自動的に妻のものになる、長男のものになるというものではなく、家は相続人で相続割合に応じて共有になります。これを妻のものにする・長男のものにする…という場合に遺産分割をします。

遺産分割と相続との違い

「遺産分割」と「相続」とはどのような関係にあるのでしょうか。 相続というのは被相続人が亡くなった際に発生する相続人への地位の移転そのものを指します。上記の通り相続が発生した段階では、相続財産は相続人の共有という状態であるという点に違いがあります。

遺産分割手続きの流れ

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産分割はいつまでにやるべきという決まりはない

遺産分割手続きはどのような流れで行うのでしょうか。

遺産について処分が必要になった際に処分に先立って行います。いつまでにしなければならないという決まりはありません。

遺産分割はどのような流れで行うのでしょうか。 まず相続は被相続人が死亡すると開始します(民法第882条)。上述しているとおり、相続財産は相続人の共有という状態になりますので、そのまま使用することが可能です。 ただ、不動産がある場合で、不動産を売却・賃貸をするという場合や、死亡したことによって凍結されている預金口座の引き下ろしなどを行う場合には、原則として、財産を相続人が具体的に処分できる状態、つまり遺産分割がされている必要があります。ですので、不動産の登記に関する事務を取り扱う法務局や銀行などは、遺産分割協議書などの書類を要求してきます。

遺産分割はこういった財産の処分に先立って行われます。遺産分割は当事者の話し合いで行うことができ(遺産分割協議)、当事者間の話し合いで納得がいけば遺産分割協議書という形の書面にします。 話し合いでまとまらない場合には、裁判所の調停を利用します(具体的な手続きは後述します)。 裁判所の調停によっても合意が得られないような場合には審判を利用して決定します。

遺産分割の手続きの種類

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産分割に関する協議・調停・審判・訴訟について知っておく

遺産分割をするには話し合いなどの種類があるようですが、手続きの内容をもう少し詳しく教えてもらえますか?

遺産分割には協議・調停・審判があります。それぞれの概要を見てみましょう。

遺産分割の手続きの中身についての概要を見てみましょう。

遺産分割協議

遺産分割は基本的には話し合いで行い、この話し合いの事を遺産分割協議と呼んでいます。 協議について決まりはありませんので、実際にどこかに対面して集まらなければならないなどの決まりがあるわけではありません。 ですので、電話・メール昨今ではSNSなどを利用してコミュニケーションをとった上で、当事者全員が納得すれば良いものです。協議の結果については遺産分割協議書という形で作成して、署名捺印を行います。

遺産分割調停

話し合いはあくまで当事者間で行われるだけですので、当事者間で合意ができない場合もあります。 このような場合には、裁判所を利用するのですが、遺産分割の話し合いをいきなり裁判することはできず、まずは調停を利用することになっています。 調停というのは、裁判官と専門知識を持った2名の調停委員から構成される調停委員会に間にたってもらい、当事者の主張を聞いてもらった上で調停委員が解決案を提示して紛争解決をしようとするものです。 当事者が提示された解決案に納得すれば調停成立となり、その調書が遺産分割協議書と同じように利用されることになります。かならず同意しなければならないものではなく、調停案に不服があれば審判に移ります。

遺産分割審判

遺産分割調停において当事者が合意できなかった場合には手続きは審判という手続きに移ります。 審判手続きも裁判所における手続きなのですが、主導するのは裁判所となります。当事者の主張・証拠にもとづいて裁判所が妥当とする判断をくだします。 なお、当事者間で決着がつかない場合には裁判…という考えの方も多いと思うのですが、遺産分割については裁判での決着をつけるのではなく、この審判が最終的な判断となります。

遺産分割の方法

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産分割の方法を知る

実際に遺産の分割の仕方を教えてください。

対象物が分けることができるものか・そうでないのかで考えましょう。

では遺産分割の具体的な「分け方」にはどのようなものがあるのでしょうか。

可分なもの

対象となる相続財産にはすぐに分けることができるものがあります。 たとえば、現金・預金はすぐに分けることができます。このようなものについては、誰にどれだけ渡すというのは明確に判断することができます。

不可分なもの

対象となる相続財産には明確に分けることができないものもあります。 その代表的なものは不動産です。 家屋を半分にするのが現実的ではないのは想像することができます。これを分割する場合には、換価分割・代償分割という方法を知っておきましょう。換価分割というのは、不動産を売却してお金に換えてしまって分割する方法です。

しかし、この方法を利用すると不動産が手元に残りませんので、自営業者で自宅兼事業所としているような場合には、自営業の続行が不可能になっていまいます。そのため、誰か一人に所有をさせて、所有者となる人は共有の所有権を失う人に対してお金支払うのが代償分割となります。

まとめ

このページでは、遺産分割とはどのようなものかをお伝えしました。 遺産分割とはどのようなものか、遺産分割の種類・方法などについての概要を知っていただいた上で、相続ごとに発生する疑問については弁護士に相談するなどして、円満に解決をするようにしましょう。

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容