相続人や第三者が被相続人の生前に遺産となり得る財産を使い込んでいた?取り戻す方法などの対処法を知る
ざっくりポイント
  • 遺産相続においては特定の人が被相続人の生前に財産の使い込みをする場合のケース
  • 被相続人の生前に遺産となり得る財産の使い込みをされた場合の対処法
目次

【Cross Talk】遺産を調査したけどお金がどこにもない?使い込まれた時にどうすればよいか

先日、父が亡くなり子である姉と私で相続をしました。姉は実家の近くに住んでいたこともあり、頻繁に実家に行って父の様子を見ていました。 遺産相続が必要となって姉と話し合いをしたのですが、現金は無く不動産だけなので、私が相続するようなものは無いという事を告げられました。姉の自宅が最近リフォームをしたようで遺産になるようなお金を使い込んでいたのではないか?と思っています。

弁護士に依頼をして冷静にお金の出どころを探すなどして交渉をするのが良いでしょうね。遺産となり得るお金を使い込まれていたと思われるときの対処法について検討しましょう。

遺産となり得る財産を使い込まれたときにはどんな対処法が?

複数の相続人のうち、一人ないし数人が被相続人と近しい間柄の場合、被相続人の生前に遺産となり得る財産を使い込むような事があります。 典型的なケースを把握したうえで、どのように対処をしていくかの方法を知りましょう。

遺産の使い込みにはいくつかのパターンがある

知っておきたい相続問題のポイント
  • 遺産を使い込む典型的なパターン

そもそも遺産となり得る財産を使い込むような事ってできるんですか?どんな方法でするんでしょうか?

よくあるパターンがいくつかあります。その中に当てはまっているものがないか確認してみてください。

「遺産となり得る財産を使い込む」というと何か特殊な事を行ったように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はいくつかのパターンで頻繁に発生する事があります。 まずはそのパターンを知りましょう。

現金・預金を使い込む

まず最も頻繁に発生する使い込みは現金・預金を使い込むことです。 容易に銀行に預け入れ・引き出しができるようになった昨今では、自宅に現金を大量に持っているという事はあまりなくなりましたが、それでも自宅にへそくりとして置いている、ある程度の金額の現金を自宅に置いているということはあるでしょう。

今回の相談者様のように近しい家族がいる場合に、「万が一の場合にはきちんと分けるように…」と言ってある場合もあるでしょうし、急に亡くなるような場合にはその存在を伝えられず遺品を整理している方が見つけてそのまま自分のものにしてしまう場合もあります。

また、被相続人の体が不自由になっているような場合には、日常生活を身近な人に補助してもらうこともあります。 その中には、銀行に行って現金をおろしてきてもらうという事も含まれるでしょう。 預金のATMカードを渡していたり、印鑑と通帳を預けているような場合には、日常生活の引き落としに行ったときに一部の金額を懐にいれてしまうという事もあるでしょう。

さらに、亡くなった直後で銀行に死亡を届け出る前であれば、銀行から預金を引き出すこと自体はできなくはありません。 現金・預金に関しては使い込みをする場合には比較的容易にできてしまいます。 使い込みは相続人の妻や相続人ではない家政婦等、被相続人に近しい第三者によって行われることもあります。

賃料などの横取り

被相続人が所有している不動産を他人に賃貸をして収益を得ているような場合があります。 賃料の受け取りを口座振り込みにしているような場合には、賃料が口座に入ってくることになりますので、上記のように銀行口座の入出金を通じて入ってきた賃料を横取りしてしまう場合もあります。 また特に危険があるのは、賃料を現金で受け取っているような場合です。この場合、高齢である親の代わりに子どもが受け取り自分の懐に入れてしまうということもあります。

生命保険を解約する

被相続人が自身に生命保険をかけている場合にも注意が必要です。 生命保険には様々な種類がありますが、解約をすると解約返戻金が出るタイプの保険の場合に、保険を解約すると預金口座にお金が戻ってきます。 この場合、被相続人が死亡した場合の受取人が自分ではないとわかった場合に、その保険を解約し、預金口座に入ってきた解約返戻金を懐に入れてしまうケースもあります。

使い込まれた財産を取り戻す方法

知っておきたい相続問題のポイント
  • 使い込まれた財産を取り戻す方法
  • 使い込まれた財産を取り戻すにあたっての注意点

財産の使い込みがされているような場合にはどうやって取り戻しをすれば良いでしょうか。

話し合いや訴訟等の法的手段によります。その時のコツについても知っておきましょう。

もし遺産となり得る財産が相続人や第三者によって使い込まれていた場合にはどうやって取り戻すことになるのでしょうか。

話し合いで解決する

使い込みをされたような場合、まずは話し合いをすることを検討します。 相続人が使い込みをしたような場合には、遺産分割協議において、使い込みをした額も含めて遺産として計算した上で、使い込みをした相続人の分の相続分の調整をするという形にすることもあります。

ただ、現金・預金をすべて使い込んでしまって、分けるにあたって不動産しか残っておらず、遺産分割をするために金銭が必要であるような場合には、一部または全部を返還させることも必要になる場合があります。

また、相続に関係のない第三者が使い込みを行ったような場合には、遺産分割の前提として返還を請求することになります(不当利得返還請求:民法第703条以下)。 使い込みを行った者としては、自分はそのような使い込みなんかしていない、被相続人から贈与された、などという言い訳をすることが想定されます。 預金の引き出しと使った金額が釣り合っているか?死後に手続きをするまでに引き出された履歴がないか?使い込んだ人に通常では考えられない支出が無いか?といった客観的な証拠を集めるといった事は必要になります。

後述しますが、もし話し合いがまとまらなかった場合には訴訟をするのですが、 使い込みは窃盗・横領といった犯罪になり得ますので、場合によっては警察への相談・被害届の提出・告訴をするといったことも必要になるでしょう。 ただ、窃盗・横領などの財産犯については、配偶者・直系血族・同居の親族がこれを行った場合には刑が免除され(刑法244条1項、同法255条)、その他の親族の場合には起訴にあたって告訴が必要である親告罪となります(刑法244条2項、同法255条)。

話し合いで解決しなかったら訴訟を提起する

話し合いで解決しない場合には、金銭の返還を求めるため、民事訴訟を提起することになります。

被相続人の生前に、ある人が被相続人の承諾を得ずに被相続人の財産を使い込んだ場合、被相続人はその使い込みをした人に対して、不当利得返還請求権(民法第703条以下)を有します。そして、被相続人がその権利を行使せずに亡くなった場合、その権利も遺産を構成しますので、使い込みに気づいた相続人としては、被相続人から相続した不当利得返還請求権(原則として自身の相続分のみになります)を行使し、使い込まれた金額の返還を求めることになります。

民事訴訟をする場合には、基本的には原告が請求をする事実に関する証拠を提出しなければならず、証拠を提出して裁判所に主張がもっともであると認めさせることができない場合には、敗訴になってしまいます。

弁護士に依頼をして解決するとメリットが大きい

このような経緯をたどりますので、弁護士に依頼をすることを検討してください。 弁護士に依頼をすることで法的な助力を得ることができます。 また、相続人同士で面と向かって「遺産を使い込んだのだから返金しろ」という主張をすると、財産上の問題のみならず感情的な面でも相手方の態度が強硬になることもあります。

弁護士を通じて事実と証拠を呈示して冷静に交渉をすることで,事態を容易に解決することができることも多いです。

まとめ

このページでは、被相続人の生前に遺産となり得る財産が使い込まれた場合にどのように解決をしていくのが良いかという事についてお伝えしてきました。 被相続人が亡くなる時に前後して現金や預金の管理を預かる人が発生することに起因して、お金を使い込む人が発生することはあります。 解決の方法としては話し合いや訴訟等の法的手続となるのですが、適正な証拠の存在が鍵を握ります。 弁護士に相談をしてどのような証拠を集めるか、相談をしながら進めるようにしましょう。

遺言や相続でお困りの方へ
おまかせください!
分からないときこそ専門家へ
相続については、書籍やウェブで調べるだけではご不安な点も多いかと思います。当事務所では、お客様の実際のお悩みに寄り添って解決案をご提案しております。「こんなことを聞いてもいいのかな?」そう思ったときがご相談のタイミングです。
初回相談
無料
法律問題について相談をする
電話での予約相談
(新規受付:24時間対応中)
0120-500-700
相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

相続手続お役立ち資料のダウンロード特典付き

資料ダウンロード

相談内容

一般社団法人 相続診断協会
資料ダウンロード