弁護士への相談

遺言についての相談を上手にするコツを紹介

遺言についての相談を上手に成功させるためのコツを解説いたします。 遺言の相談先は弁護士などの専門家や、遺言に関連するサービスを扱う保険会社などがある 遺言について無料で相談したい場合は、初回の法律相談を無料にしている弁護 […]
弁護士への相談

遺言の訂正をしたい場合にはどうすればよいか

一度作成した遺言書の内容を変更したいときには、遺言書の種類に応じて適切な方法をとる必要があります。 遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類がある。 自筆証書遺言は内容の訂正が比較的容易だが、公正証書遺言は法的な効果 […]
相続問題全般

正式な遺言と認められない遺言について注意しよう

遺言をしたつもりでも正式な遺言と認められない場合があることについて詳しく解説します! 民法の定める方式に従っていなければ正式な遺言と認められない エンディングノートは正式な遺言ではない ビデオ遺言も正式な遺言ではない 目 […]
弁護士への相談

遺言書の内容についての対抗要件って何?

遺言書の内容について「対抗要件」を備えるということの意味と内容 対抗要件とはどのようなものか 動産の対抗要件である引き渡しを受けるためには 不動産の対抗要件である登記を備えるためには 目次 【Cross Talk 】遺言 […]
相続問題全般

遺言を検討するタイミングは?実例とともに検討

遺言をする場合の注意点として、遺言に必要な期間やタイミングなどを解説します。 遺言をするのは一般に早ければ早いほどよい 遺言のタイミングは定年退職後や健康が悪化した場合など 遺言を一度してもいつでも撤回することができる […]
相続問題全般

遺言をされた場合の相続放棄について確認しよう

遺言があった場合には相続放棄はできる。相続人・受遺者に分けて手続きを確認 遺言がされた場合にも相続人は相続放棄が可能 受遺者は遺贈の放棄を行う 相続放棄か遺贈の放棄かの見分け方 目次 【Cross Talk 】遺言があっ […]
相続手続き

遺言をする場合の注意点を知っておこう

遺言を作成する場合の注意点について解説します。 自筆証書遺言を作成するには法が定める要式を守り、不明瞭な記載はしない 自筆証書遺言は遺留分の取り扱いや保管方法に注意する 公正証書遺言を撤回するには、新しい有効な遺言を作成 […]
相続問題全般

成年被後見人は遺言を作成できるのか

成年被後見人は遺言を作成できるのか、その要件 成年後見の制度の概要 成年被後見人が遺言を作成する場合の規定 成年被後見人が遺言を作成する場合には公正証書遺言を利用すべき 目次 【Cross Talk 】成年被後見人は遺言 […]
相続問題全般

遺言者が死亡する以前に受遺者が死亡していた場合には遺言はどうなるのか?作成する場合の注意点

受遺者が遺言者の死亡以前に死亡していた場合の遺言書の効力について解説します! 遺言者の死亡以前に受遺者が死亡していた場合、遺贈は無効になる 無効になった遺贈の対象とされた財産は法定相続になる 無効になる事態を避けるには予 […]

法律問題について相談をする

初回相談無料

電話での予約相談

(新規受付:24時間対応中) 0120-500-700

予約フォームでの相談

相談内容